deeplytruly diary

愛と音楽のある生活 ありのままの普段の暮らしを記録していくブログ

breakfast in bed

breakfast in bed。 

映画やドマでよく見る、ベッドまで朝食を運んで食べてもらうという習慣をご存じだろうか。海外では感謝の気持ちや愛情を示して、親子や恋人、夫婦の間でよく行われる習慣らしいが、夫がこれを時々やってくれる。

朝ゆっくり時間があるときや、あるいは喧嘩した翌日の朝。どちらかというと我が家の場合は後者のほうが多いような気がするが。あくまでも夫としては愛情表現だと言う。メニューはだいたいいつも同じで、トーストとコーヒー、バナナ入りのヨーグルト。私が希望をだしたので、夏は冷たいお水、寒い季節は白湯もつけてくれる。あとはその時その時で夫のアレンジが入る。例えばヨーグルトに前の晩のおつまみののこりのナッツがトッピングされていたり、パンにジャムやピーナツバターやチーズがのっていることも。

今までの人生の中でベッドに朝食を運んでもらったことなんてなかったので最初はすごく驚いたし、抵抗もあった。ベッドで食事をするのは病気の時ぐらいだったから。夫のほうはどうなんだろう、と疑問に思ったので、私はいつも通りの質問をした。

「いつも女性にこういうことしてきたの?」と。

答えがNOだったので安心した。いつも誰にでもこういうことするなんて、あまり考えたくないから。

夫とは年齢差があるし、それなりにお互い年をとっているので、なかなか「初めて」の経験が少ないのが悩みだ。たいていのことはすでに経験済みなのだ。楽しいことをしたとしても、どうせほかの人ともしたことがあるのだろう、なんて冷めたことをいつも考えてしまう。食事にしても何にしても長年の習慣というものがあるし、そういうものはなかなか変えられない。もちろ性的なこともだ。長年培ったおかげで今があるものもある。でも私はできることなら、二人で新しいことを経験して、二人だけの記憶というものを一つでも多く持ちたいと願うのだ。

その点で、このbreakfast in bedは、夫がしたこともなければ私がされたこともない、初めてのこと。特別なことだ。

 

 

ベッドにコーヒーと朝食をもってきてもらうといつも思い出す曲がある。それが、この曲。


www.youtube.com

はじめてこの曲を聴いたときのことを今でもよく覚えている。4,5年前だろうか。朝早くに家を出て、免許の更新にいくために車を運転中だった。この曲がラジオから流れてきて、なんて素敵な歌詞なんだろうと思った。休みの日にもかかわらず寒い中出かけて用事を済まそうとしている自分に満足しながら、でも私の心にぽっかり空いている穴。私が大切にしたいと思うは思うのは、こういうことなんだ、と。

こんなふうにストレートに愛を伝えるって、とてもすてきなことだ。ベッドに朝食をもっていって起こすよ、コーヒーをもっていって頭にキスするんだ、って。

そして、年を取って髪の毛が白くなっても、

死んでゴーストになってもそばにいたい。

 

そうだ、この情景も私はあのころから夢見ていたことなんだ。

今そ夢が現実になっている。そう思うと、私はこの宇宙に感謝せずにはいられない。

 

 

 

James Arthur  

 

Say You Won't  Let Go

 

 

I met you in the dark

you lit me up

you made me feel as though I was enough

We danced the night away 

We drank too much

I held your hair back when you were throwing up

 

Then you smiled over your shoulder

For a minute, I was stone cold sober

I pulled you closer to my chest

And you asked me to stay over 

I said, I arleady told ya

I think that you should get some rest

 

I knew I loved you then

But you'd never know

Cause I played it cool when I was scared of letting go 

I know I needed you

But I never showed 

But I wanna stay with you 

Until we're grey and old

Just say you won't let go 

Just say you won't let go 

 

I'll wake you up with some breakfast in bed

I'll bring you coffee with a kiss on your head 

And I'll take the kids to school

Wave them goodbye 

And I'll thank my lucky stars for that night

 

When you looked over your shoulder

For a minute, I forget that I'm older

I wanna dance with you right now,

And you look as beautiful as ever 

And I swear that everyday you'll get better

You make me feel this way somehow

 

I'm so in love with you 

And I hope you know

Darling your love is more than worth its weight in gold

We've come so far my dear

look how we've grownn

And I wanna saty  with you

Until we're grey and old

Just say you won't let go 

Just say you won't let go 

 

 

I wanna live with you 

Even when we're ghosts

Cause you were always there for me 

When I neede you most 

 

I'm gonna love you till

My lungs give out

I promise till death we part 

Like in our vows

So I wrote this song for you 

Now everybody knows

That its just you and me 

Until we're grey and old

Just say you won't let go 

Just say you won't let go 

 

Just say you won't let go 

Oh, just say you won't let go 

 

 

 


www.youtube.com